フィリピン 法人保守サービス フィリピン会計法律事務所 ALL JAPAN CONSULTING INC.


フィリピン会計法律事務所 ALL JAPAN CONSULTING INC.
ホームご挨拶業務案内手数料一覧事務所概要お問い合わせ専門チャンネル
お問い合わせ

業務案内
設立・進出会計・税務法律査証(ビザ)投資相談




フィリピンにおいて会社を設立する場合、5人の発起人が必要となります。
設立の際の役員決定事項として役員の中から書記財務担当者を決定する必要があります。
書記について会社法はフィリピン在住のフィリピン人でなければなりません。
財務担当者はフィリピン人である必要はありませんがフィリピン在住者であることが求められます。
最低1人は現地在住のフィリピン人に書記になっていただく必要がありますが、
設立当初は信頼できるフィリピン人がいないことのほうが多く、
また会社の内部資料を閲覧させることにも抵抗があり、役員人事が思うように決まらないことがあります。

しかし、当社はフィリピンにおいて信頼できる幅広い人脈やキャリアのある登録人材名簿を保有しています。
これらの登録人材や人脈を通じて適任と思われる人物をご紹介いたします。



このページのトップへ