フィリピン 会計事務所 法律事務所 ブログ Hashimoto Philippine Business Management Inc.


橋本国際会計事務所
ホームご挨拶業務案内手数料一覧事務所概要お問い合わせブログ
お問い合わせ
ブログ



Corporation Code of Philippines (4)
2017/12/10

Section 20. De facto corporations. – The due incorporation of any corporation claiming in good faith to be a corporation under this Code, and its right to exercise corporate powers, shall not be inquired into collaterally in any private suit to which such corporation may be a party. Such inquiry may be made by the Solicitor General in a quo warranto proceeding.

第20条 事実上の会社

会社法に基づき、あらゆる会社は誠実性を有することが会社の権利を行使する上で求められるが、民事訴訟において当事者となる会社はそれが付随的に求められるものではない。そのような要求は訴訟手続において司法長官が行うことが出来る。

Section 21. Corporation by estoppel. – All persons who assume to act as a corporation knowing it to be without authority to do so shall be liable as general partners for all debts, liabilities and damages incurred or arising as a result thereof: Provided, however, That when any such ostensible corporation is sued on any transaction entered by it as a corporation or on any tort committed by it as such, it shall not be allowed to use as a defense its lack of corporate personality.

On who assumes an obligation to an ostensible corporation as such, cannot resist performance thereof on the ground that there was in fact no corporation.

 

第21条 会社の禁止事項

ゼネラルパートナーとしての義務を履行するための委任される者を除いて、会社の代表者としての責任を求められるすべての者は、以下の結果として発生したいかなる損害や負債に対しては弁済義務が発生する。しかしながら法人格をもつ会社が取引に基づき告訴される或いは不法行為により訴追された場合、法人格の欠如を理由に抗弁することはできない。

表見法人の義務を負う会社は、法人がないということを背景に会社の行為に対する抗弁ができない。

 

Section 22. Effects on non-use of corporate charter and continuous inoperation of a corporation. – If a corporation does not formally organize and commence the transaction of its business or the construction of its works within two (2) years from the date of its incorporation, its corporate powers cease and the corporation shall be deemed dissolved. However, if a corporation has commenced the transaction of its business but subsequently becomes continuously inoperative for a period of at least five (5) years, the same shall be a ground for the suspension or revocation of its corporate franchise or certificate of incorporation. (19a)

This provision shall not apply if the failure to organize, commence the transaction of its businesses or the construction of its works, or to continuously operate is due to causes beyond the control of the corporation as may be determined by the Securities and Exchange Commission.

第22条 会社の商号不使用及び継続的な事業中断

設立から2年間の間、正式に事業を開始或いは立ち上げを行わない場合、会社の権限が停止され、解散したものと見做される。しかしながら、事業における取引を開始したものの、少なくとも5年の間実質的に継続的運営を行っていない会社の許可証や定款における中断や中止と見做される。

この条項は不可抗力などにより会社の立ち上げ、業務に関連する取引の開始、或いは継続的な業務が行えなかったものと証券取引委員会により判断された会社には適用されない。




Corporation Code of Philippines (3)
2017/12/7

Section 16. Amendment of Articles of Incorporation. – Unless otherwise prescribed by this Code or by special law, and for legitimate purposes, any provision or matter stated in the articles of incorporation may be amended by a majority vote of the board of directors or trustees and the vote or written assent of the stockholders representing at least two-thirds (2/3) of the outstanding capital stock, without prejudice to the appraisal right of dissenting stockholders in accordance with the provisions of this Code, or the vote or written assent of at least two-thirds (2/3) of the members if it be a non-stock corporation.

The original and amended articles together shall contain all provisions required by law to be set out in the articles of incorporation. Such articles, as amended shall be indicated by underscoring the change or changes made, and a copy thereof duly certified under oath by the corporate secretary and a majority of the directors or trustees stating the fact that said amendment or amendments have been duly approved by the required vote of the stockholders or members, shall be submitted to the Securities and Exchange Commission.

The amendments shall take effect upon their approval by the Securities and Exchange Commission or from the date of filing with the said Commission if not acted upon within six (6) months from the date of filing for a cause not attributable to the corporation.

第16条 定款変更 

会社法や特別法に別段の定めがなく、またその目的が正当なものである限りにおいては、定款に記載されたいかなる条項や内容は、取締役や理事の過半数の賛成投票及び発行済み株式を2/3以上保有するの株主の賛成投票或いは書面による同意(非株式会社においては2/3以上のメンバーの賛成投票或いは書面による同意)があり、会社法に定める反対株主による株式買取請求権を阻害しない限りにおいては変更することが出来る。

定款の変更前の条項及び変更後の条項ともに、法律により定められた条項を記載する必要がある。それら変更前及び変更後定款には変更がなされた箇所を強調表示する必要があり、上記の変更の事実について秘書、過半数の取締役や理事による宣誓及び署名し、或いは株主やメンバーの賛成投票により正式に承認された変更後定款を、SEC(証券取引委員会)に提出するものとする。

変更後定款は証券取引委員会によって承認される或いは提出した日より6ヶ月の間、当該法人に適用されない事由が示されなかった場合、変更後定款は有効なものとして扱われる。

 

Section 17. Grounds when articles of incorporation or amendment may be rejected or disapproved. – The Securities and Exchange Commission may reject the articles of incorporation or disapprove any amendment thereto if the same is not in compliance with the requirements of this Code: Provided, That the Commission shall give the incorporators a reasonable time within which to correct or modify the objectionable portions of the articles or amendment. The following are grounds for such rejection or disapproval:

1. That the articles of incorporation or any amendment thereto is not substantially in accordance with the form prescribed herein;

2. That the purpose or purposes of the corporation are patently unconstitutional, illegal, immoral, or contrary to government rules and regulations;

3. That the Treasurer’s Affidavit concerning the amount of capital stock subscribed and/or paid is false;

4. That the percentage of ownership of the capital stock to be owned by citizens of the Philippines has not been complied with as required by existing laws or the Constitution

No articles of incorporation or amendment to articles of incorporation of banks, banking and quasi-banking institutions, building and loan associations, trust companies and other financial intermediaries, insurance companies, public utilities, educational institutions, and other corporations governed by special laws shall be accepted or approved by the Commission unless accompanied by a favorable recommendation of the appropriate government agency to the effect that such articles or amendment is in accordance with law.

第17条 定款の却下や定款変更の不承認の理由

証券取引委員会は、定款が会社法に準拠していない場合は、定款を却下或いは定款変更の不承認することがある。但し、証券取引委員会は発起人に対して定款や定款変更における会社法に準拠していない部分に関して訂正や修正にかかる合理的な時間を与えなければならない。却下や不承認となる理由は以下の理由によるものとする。

1. 定款や定款変更が実質的に所定の様式に則していない場合

2. 会社の目的が明らかに憲法違反、違法、不道徳、政府の規則等に反している場合

3. 財務役が宣誓した資本金の引受及び払込資本の金額が虚偽である場合

4. フィリピン国民が保有する株式割合が法律や憲法に定める基準を満たしていない場合

それら定款や定款変更が法律に則っているという有効性に関する管轄の政府機関による勧告が添付されていない限り、証券取引委員会は銀行、銀行業、準銀行機関、建物貸付機関、信託及びその他の金融仲介機関、保険会社、公益事業、教育機関、そして特別法により設立されるその他の会社について、証券取引委員会はこれを承認しない。

 

Section 18. Corporate name. – No corporate name may be allowed by the Securities and Exchange Commission if the proposed name is identical or deceptively or confusingly similar to that of any existing corporation or to any other name already protected by law or is patently deceptive, confusing or contrary to existing laws. When a change in the corporate name is approved, the Commission shall issue an amended certificate of incorporation under the amended name.

第18条 会社名

会社名がすでに存在する会社の名前と同格或いは欺瞞的又は混乱させるほど類似的である場合、法律により保護されている社名や明からに紛らわしい社名、混乱を招く社名、法律に反する社名などは、証券取引委員会は承認しない。社名変更が承認された場合は証券取引委員会は変更後の社名に基づいて変更後設立証明書を発行する。

 

Section 19. Commencement of corporate existence. – A private corporation formed or organized under this Code commences to have corporate existence and juridical personality and is deemed incorporated from the date the Securities and Exchange Commission issues a certificate of incorporation under its official seal; and thereupon the incorporators, stockholders/members and their successors shall constitute a body politic and corporate under the name stated in the articles of incorporation for the period of time mentioned therein, unless said period is extended or the corporation is sooner dissolved in accordance with law.

第19条 会社の開始時期

会社法に基づき設立された会社は、法人としての存在を認められ法人格を持り、証券取引委員会は公式なシールを貼った設立証明書を発行する。また定款にその名前を記載された発起人、株主、メンバー、その相続人は、会社法に基づき存続期間を延長或いは早期に解散しない限り法人をその会社の構成員となる。




フィリピン 年末及び新年の税務手続一覧 (英文)
2017/12/6

1. BIR ANNUAL COMPLIANCE
• Annualization and refund of excess withholding on compensation — Any deficiency must be deducted from the December pay. The excess withholding tax on the annual compensation of the employees at yearend should be refunded by Jan. 25, 2018.

• Preparation and submission of Bureau of Internal Revenue (BIR) Form 1604CF and 1604E (Annual information return of income taxes withheld.)  — This is also a good time to evaluate if expenses have been properly subjected to withholding tax and implement any corrections, if necessary.

• Registration of books of account — This includes the submission of computerized books of account and permanently bound computer-generated/loose-leaf books of account used in the taxable year 2017, due on Jan. 30, 2018.

• Submission of inventory list — Taxpayers are required to file an inventory list of finished goods, work in progress, raw materials, supplies, and stock-in-trade not later than Jan. 30, 2018. Be reminded of the format prescribed in Revenue Memorandum Circular No. 57-2015.

• Submission of list of regular suppliers by large taxpayers — This semestral summary list of regular suppliers of goods and/or services must be submitted to the Large Taxpayers Assistance Division/Large Taxpayer District Office by Jan. 31, 2018.

• Renewal of business registration with BIR — An annual registration fee of P500 should be paid on or before Jan. 31, 2018.

• Distribution and submission of BIR form 2316 (Certificates of Compensation payment/tax withheld) — All employees, including those who qualify for substituted filing or as minimum wage earners, must be provided with a copy of their BIR Form 2316. If you have many employees and you would like to use a digital signature, approval must be secured from the BIR.

2. FILING OF ITR AND FINANCIAL STATEMENT
Taxpayers with FY ending on Aug. 31, 2017, are required to submit and file to the BIR the Annual Income Tax Return (ITR) and the Audited Financial Statements due on Dec. 15, 2017.

3. RENEWAL OF REGISTRATIONS WITH LGUS
The renewal of business permits with the local government unit (LGU) includes, but is not limited to, payment of local business tax, mayor’s permit fee, barangay clearance, community tax certificate, fire safety certificate and sanitary fee, garbage fee, engineering fees, and other charges imposed by the LGU.

4. PREPARATIONS FOR THE IMPLEMENTATION OF THE TAX REFORM
Before the year ends, we anticipate the approval of the House of Representatives and Senate version of the Tax Reform for Acceleration and Inclusion (TRAIN) Bill.

We expect that beginning January 2018, there will be changes to the computations of tax payments, especially on the withholding of employees’ compensation.

With this, we may have to prepare and educate our finance teams or human resources professionals who are responsible for payroll processing and reporting requirements. There will be changes in the classification of income into exempt or taxable income. Tax exemptions, deductions, or credits, as well as the tax rates for compensation income earners, will change. A new withholding tax table should be issued soon. There will be a need to change systems and procedures, whether they are manually done or through a computerized system.

The increase in VAT exemption threshold to P3 million has been proposed by both the House and the Senate. For small businesses who are on the margins, there is an opportunity to evaluate whether you would like to continue as a VAT-registered entity or apply for deregistration from the VAT. This means you will just pay the 3% percentage tax monthly.

For individuals in business who are within the VAT threshold, you may also have to evaluate and decide on the income tax regime that would be best for you. The options include the 8% tax on gross revenue and the graduated rates on net income, which may be computed based on itemized or optional standard deduction.

I am sure big businesses in the petroleum, automobile, and beverage industries have long planned for the proposed changes in the excise tax and the new tax on sugar-sweetened beverages. As consumers, too, the impact on our costs may require a change in our purchasing or consumption decisions.

As the holiday season draws near, it is important to have everything in place to ensure that no detail is left undone.

End the year right, as we hope to begin the new year with a bang.

 from Web Site of Grand Thonson Year ender list – Things to keep in mind  

 




日比租税条約
2017/12/1
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とフィリピン共和国との間の条約

 
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とフィリピン共和国との間の条約をここに公布する。
日本国及びフィリピン共和国は、
所得に対する租税に関し、二重課税を回避し及び脱税を防止するための条約を締結することを希望して、
次のとおり協定した。
 
 
第1条 この条約は、一方又は双方の締約国の居住者である者に適用する。
 
 
第2条  
(1)この条約の対象である租税は、次のものとする。
(a)日本国においては、所得税及び法人税(以下「日本国の租税」という。)
(b)フィリピンにおいては、フィリピンの所得税(以下「フィリピンの租税」という。)
(2)この条約は、(1)に掲げる租税に加えて又はこれに代わつてこの条約の署名の日の後に課される租税であつて(1)に掲げる租税と同一の又はこれと実質的に類似するものについても、また、適用する。両締約国の権限のある当局は、それぞれの国の税法について行われた実質的な改正を、その改正後の妥当な期間内に、相互に通知する。
 
 
第3条  
(1)この条約の適用上、文脈により別に解釈すべき場合を除くほか、
(a)「日本国」とは、地理的意味で用いる場合には、日本国の租税に関する法令が施行されているすべての領域をいう。
(b)「フィリピン」とは、フィリピン共和国をいい、地理的意味で用いる場合には、フィリピン共和国を構成する領域をいう。
(c)「一方の締約国」及び「他方の締約国」とは、文脈により、日本国又はフィリピンをいう。
(d)「租税」とは、文脈により、日本国の租税又はフィリピンの租税をいう。
(e)「者」とは、個人、法人及び法人以外の団体をいう。
(f)「法人」とは、法人格を有する団体又は租税に関し法人格を有する団体として取り扱われる団体をいう。
(g)「一方の締約国の企業」及び「他方の締約国の企業」とは、それぞれ一方の締約国の居住者が営む企業及び他方の締約国の居住者が営む企業をいう。
(h)「国民」とは、
(i)フィリピンについては、フィリピンの市民権を有するすべての個人並びにフィリピンの法令に基づいて設立され又は組織されたすべての法人及び法人格を有しないがフィリピンの租税に関しフィリピンの法令に基づいて設立され又は組織された法人として取り扱われるすべての団体をいう。
(ii)日本国については、日本国の国籍を有するすべての個人並びに日本国の法令に基づいて設立され又は組織されたすべての法人及び法人格を有しないが日本国の租税に関し日本国の法令に基づいて設立され又は組織された法人として取り扱われるすべての団体をいう。
(i)「国際運輸」とは、一方の締約国の企業が運用する船舶又は航空機による運送(他方の締約国内の地点の間においてのみ運用される船舶又は航空機による運送を除く。)をいう。
(j)いずれかの締約国について「権限のある当局」とは、その締約国の大蔵大臣又は権限を与えられたその代理者をいう。
(2)一方の締約国によるこの条約の適用上、この条約において定義されていない用語は、文脈により別に解釈すべき場合を除くほか、この条約が適用される租税に関する当該一方の締約国の法令上有する意義を有するものとする。
 
 
第4条  
(1)この条約の適用上、「一方の締約国の居住者」とは、当該一方の締約国の法令の下において、住所、居所、本店又は主たる事務所の所在地、法人の設立場所その他これらに類する基準により当該一方の締約国において課税を受けるべきものとされる者をいう。ただし、この用語には、当該一方の締約国内に源泉のある所得のみについて当該一方の締約国において課税される者を含まない。
(2)(1)の規定により双方の締約国の居住者に該当する者については、両締約国の権限のある当局は、合意により、この条約の適用上その者が居住者であるとみなされる締約国を決定する。
 
 
第5条  
(1)この条約の適用上、「恒久的施設」とは、事業を行う一定の場所であつて企業がその事業の全部又は一部を行つている場所をいう。
(2)「恒久的施設」には、特に、次のものを含む。
(a)店舗その他の販売所
(b)支店
(c)事務所
(d)工場
(e)作業場
(f)倉庫
(g)鉱山、石油又は天然ガスの坑井、採石場その他天然資源を採取する場所
(3)建築工事現場又は建設若しくは据付工事は、6箇月を超える期間存続する場合に限り、「恒久的施設」とする。
(4)(1)から(3)までの規定にかかわらず、「恒久的施設」には、次のことは、含まれないものとする。
(a)企業に属する物品又は商品の保管、展示又は引渡しのためにのみ施設を使用すること。
(b)企業に属する物品又は商品の在庫を保管、展示又は引渡しのためにのみ保有すること。
(c)企業に属する物品又は商品の在庫を他の企業による加工のためにのみ保有すること。
(d)企業のために、物品若しくは商品を購入し又は情報を収集することのみを目的として、事業を行う一定の場所を保有すること。
(e)企業のために、その他の準備的又は補助的な性格の活動を行うことのみを目的として、事業を行う一定の場所を保有すること。
(f)(a)から(e)までに掲げる活動を組み合わせた活動を行うことのみを目的として、事業を行う一定の場所を保有すること。ただし、当該一定の場所におけるこのような組合せによる活動の全体が準備的又は補助的な性格のものである場合に限る。
(5)一方の締約国内で他方の締約国の企業に代わつて行動する者((7)の規定が適用される独立の地位を有する代理人を除く。)が次のいずれかの活動を行う場合には、当該企業は、その者が当該企業のために行うすべての活動について、当該一方の締約国内に「恒久的施設」を有するものとする。
(a)当該一方の締約国内で、当該企業の名において契約を締結する権限を有し、かつ、この権限を反復して行使すること。ただし、その活動が(4)に掲げる活動(事業を行う一定の場所で行われたとしても、(4)の規定により当該一定の場所が「恒久的施設」とされない活動)のみである場合は、この限りでない。
(b)当該一方の締約国内で、専ら又は主として当該企業のため又は当該企業及び当該企業を支配し若しくは当該企業に支配されている他の企業のため、反復して注文を取得すること。
(c)当該一方の締約国内で、当該企業に属する物品又は商品の在庫を保有し、かつ、当該在庫により当該企業に代わつて反復して注文に応ずること。
(6)一方の締約国の企業が他方の締約国内において使用人その他の職員((7)の規定が適用される独立の地位を有する代理人を除く。)を通じてコンサルタントの役務又は建築、建設若しくは据付工事に係る契約に関連する監督の役務を提供する場合には、このような活動が単一の工事又は複数の関連工事について一課税年度において合計6箇月を超える期間行われるときに限り、当該企業は、当該他方の締約国内に「恒久的施設」を有するものとする。ただし、このような役務が経済協力又は技術協力に関する両締約国の政府間の合意に基づいて提供される場合には、当該企業は、この条のいかなる規定にもかかわらず、当該他方の締約国内に「恒久的施設」を有するものとされない。
(7)一方の締約国の企業は、通常の方法でその業務を行う真正な仲立人、問屋その他の独立の地位を有する代理人を通じて他方の締約国内で事業活動を行つているという理由のみでは、当該他方の締約国内に「恒久的施設」を有するものとされない。
(8)一方の締約国の居住者である法人が、他方の締約国の居住者である法人若しくは他方の締約国内において事業(「恒久的施設」を通じて行われるか否かを問わない。)を行う法人を支配し、又はこれらに支配されているという事実のみによつては、いずれの一方の法人も、他方の法人の「恒久的施設」とはされない。
(9)保険業を営む一方の締約国の企業が、使用人又は代表者((7)に規定する独立の地位を有する代理人を除く。)を通じ、他方の締約国内で保険料の受領(再保険に係る保険料の受領を除く。)をする場合又は当該他方の締約国内で生ずる危険の保険(再保険を除く。)をする場合には、当該企業は、当該他方の締約国内に「恒久的施設」を有するものとする。
 
 
第6条  
(1)一方の締約国の居住者が他方の締約国に存在する不動産から取得する所得に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)「不動産」の用語は、当該財産が存在する締約国の法令上有する意義を有するものとする。不動産には、いかなる場合にも、これに附属する財産、農業又は林業に用いられている家畜類及び設備、不動産に関する一般法の規定の適用がある権利、不動産用益権並びに鉱石、水その他の天然資源の採取又は採取の権利の対価として料金(金額が確定しているか否かを問わない。)を受領する権利を含む。船舶及び航空機は、不動産とはみなさない。
(3)(1)の規定は、不動産の直接使用、賃貸その他のすべての形式による使用から生ずる所得について適用する。
(4)(1)及び(3)の規定は、企業の不動産から生ずる所得及び独立の人的役務を提供するために使用される不動産から生ずる所得についても、適用する。
 
 
第7条  
(1)一方の締約国の企業の利得に対しては、その企業が他方の締約国内にある恒久的施設を通じて当該他方の締約国内で事業を行わない限り、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。一方の締約国の企業が他方の締約国内にある恒久的施設を通じて当該他方の締約国内で事業を行う場合には、その企業の利得のうち当該恒久的施設に帰せられる部分に対してのみ、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)(3)の規定に従うことを条件として、一方の締約国の企業が他方の締約国内にある恒久的施設を通じて当該他方の締約国内で事業を行う場合には、当該恒久的施設が、同一又は類似の条件で同一又は類似の活動を行い、かつ、当該恒久的施設を有する企業と全く独立の立場で取引を行う別個のかつ分離した企業であるとしたならば、当該恒久的施設の取得したとみられる利得が、各締約国において当該恒久的施設に帰せられるものとする。
(3)恒久的施設の利得を決定するに当たつては、経営費及び一般管理費を含む費用で当該恒久的施設のために生じたものは、当該恒久的施設が存在する締約国内で生じたものであるか他の場所において生じたものであるかを問わず、損金に算入することを認められる。
(4)(2)の規定は、恒久的施設に帰せられるべき利得を企業の利得の総額の当該企業の各構成部分への配分によつて決定する慣行が一方の締約国にある場合には、租税を課されるべき利得をその慣行とされている配分の方法によつてその締約国が決定することを妨げるものではない。ただし、用いられる配分の方法は、当該配分の方法によつて得た結果がこの条に定める原則に適合するようなものでなければならない。
(5)恒久的施設が企業のために行つた物品又は商品の単なる購入を理由としては、いかなる利得も、その恒久的施設に帰せられることはない。
(6)(1)から(5)までの規定の適用上、恒久的施設に帰せられる利得は、毎年同一の方法によつて決定する。ただし、別の方法を用いることについて正当な理由がある場合は、この限りでない。
(7)他の条で別個に取り扱われている種類の所得が企業の利得に含まれる場合には、当該他の条の規定は、この条の規定によつて影響されることはない。
 
 
第8条  
(1)一方の締約国の企業が船舶又は航空機を国際運輸に運用することによつて他方の締約国において取得する利得に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。その租税の額は、この条約の署名の日に有効な当該他方の締約国の法令により課される租税の額の60パーセントとする。
(2)(1)の規定は、共同計算、共同経営又は国際経営共同体に参加していることによつて取得する利得についても、また、適用する。
 
 
第9条  
(a)一方の締約国の企業が他方の締約国の企業の経営、支配若しくは資本に直接若しくは間接に参加している場合又は
(b)同一の者が一方の締約国の企業及び他方の締約国の企業の経営、支配若しくは資本に直接若しくは間接に参加している場合
であつて、そのいずれかの場合においても、商業上又は資金上の関係において、双方の企業の間に、独立の企業の間に設けられる条件と異なる条件が設けられ又は課されているときは、その条件がないとしたならば一方の企業の利得となつたとみられる利得であつてその条件のために当該一方の企業の利得とならなかつたものに対しては、これを当該一方の企業の利得に算入して租税を課することができる。
 
 
第10条  
(1)一方の締約国の居住者である法人が他方の締約国の居住者に支払う配当に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)(1)の配当に対しては、これを支払う法人が居住者とされる締約国においても、また、当該締約国の法令に従つて租税を課することができる。その租税の額は、当該配当の受領者が当該配当の受益者である場合には、次のものを超えないものとする。
(a)当該配当の受益者が、当該配当の支払の日に先立つ6箇月の期間を通じ、当該配当を支払う法人の議決権のある株式又は発行済株式の少なくとも25パーセントを直接に所有する法人である場合には、当該配当の額の10パーセント
(b)その他のすべての場合には、当該配当の額の25パーセント
 この規定は、配当に充てられる利得についての当該法人に対する課税に影響を及ぼすものではない。
(3)(2)の規定にかかわらず、フィリピンの居住者である法人であつて、フィリピンの投資奨励法令の下において投資委員会に登録され投資優先産業における創始的部門に従事するものが、その受益者である日本国の居住者に支払う配当に対してフィリピンにおいて課される租税の額は、当該配当の額の10パーセントを超えないものとする。
(4)この条において、「配当」とは、株式その他利得の分配を受ける権利(信用に係る債権を除く。)から生ずる所得及びその他の持分から生ずる所得であつて分配を行う法人が居住者とされる締約国の税法上株式から生ずる所得と同様に取り扱われるものをいう。
(5)(1)から(3)までの規定は、一方の締約国の居住者である配当の受益者が、その配当を支払う法人が居住者とされる他方の締約国において当該他方の締約国内にある恒久的施設を通じて事業を行い又は当該他方の締約国において当該他方の締約国内にある固定的施設を通じて独立の人的役務を提供する場合において、当該配当の支払の基因となつた株式その他の持分が当該恒久的施設又は当該固定的施設と実質的に関連するものであるときは、適用しない。この場合には、第7条又は第14条の規定を適用する。
(6)一方の締約国の居住者である法人が他方の締約国から利得又は所得を取得する場合には、当該他方の締約国は、その法人が支払う配当及びその法人の留保所得については、これらの配当及び留保所得の全部又は一部が当該他方の締約国内で生じた利得又は所得から成るときにおいても、当該配当(当該他方の締約国の居住者に支払われるもの又は当該配当の支払の基因となつた株式その他の持分が当該他方の締約国内にある恒久的施設若しくは固定的施設と実質的に関連するものを除く。)に対していかなる租税も課することができず、また、当該留保所得に対して租税を課することができない。
 
 
第11条  
(1)一方の締約国内で生じ、他方の締約国の居住者に支払われる利子に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)(1)の利子に対しては、当該利子が生じた締約国においても、また、当該締約国の法令に従つて租税を課することができる。その租税の額は、当該利子の受領者が当該利子の受益者である場合には、次のものを超えないものとする。
(a)当該利子が公債、債券又は社債について支払われるものである場合には、当該利子の額の10パーセント
(b)その他のすべての場合には、当該利子の額の15パーセント
(3)(2)の規定にかかわらず、フィリピンの居住者である法人であつて、フィリピンの投資奨励法令の下において投資委員会に登録され投資優先産業における創始的部門に従事するものが、その受益者である日本国の居住者に支払う利子に対してフィリピンにおいて課される租税の額は、当該利子の額の10パーセントを超えないものとする。
(4)(2)及び(3)の規定にかかわらず、一方の締約国内で生ずる利子であつて、他方の締約国の政府(地方政府及び地方公共団体を含む。)、当該他方の締約国の中央銀行又は当該他方の締約国の政府の所有する金融機関が取得するもの及び当該他方の締約国の政府(地方政府及び地方公共団体を含む。)、当該他方の締約国の中央銀行若しくは当該他方の締約国の政府の所有する金融機関によつて保証された債権又はこれらによる間接融資に係る債権に関し当該他方の締約国の居住者が取得するものについては、当該一方の締約国において租税を免除する。
 この規定の適用上、「政府の所有する金融機関」とは、次のものをいう。
(a)日本国については、日本輸出入銀行、海外経済協力基金及び国際協力事業団
(b)フィリピンについては、フィリピン開発銀行
(c)いずれかの締約国の政府が資本の全部を所有する金融機関((a)及び(b)に掲げる金融機関を除く。)で両締約国の政府が随時合意するもの
(5)この条において、「利子」とは、すべての種類の信用に係る債権(担保の有無及び債務者の利得の分配を受ける権利の有無を問わない。)から生じた所得をいい、特に、公債、債券又は社債から生じた所得(公債、債券又は社債の割増金及び賞金を含む。)をいう。
(6)(1)から(3)までの規定は、一方の締約国の居住者である利子の受益者が、その利子の生じた他方の締約国において当該他方の締約国内にある恒久的施設を通じて事業を行い又は当該他方の締約国において当該他方の締約国内にある固定的施設を通じて独立の人的役務を提供する場合において、当該利子の支払の基因となつた債権が当該恒久的施設又は当該固定的施設と実質的に関連するものであるときは、適用しない。この場合には、第7条又は第14条の規定を適用する。
(7)利子は、その支払者が一方の締約国又は当該一方の締約国の地方政府、地方公共団体若しくは居住者である場合には、当該一方の締約国内で生じたものとされる。ただし、利子の支払者(締約国の居住者であるか否かを問わない。)が一方の締約国内に恒久的施設又は固定的施設を有する場合において、その利子の支払の基因となつた債務が当該恒久的施設又は固定的施設について生じ、かつ、その利子が当該恒久的施設又は固定的施設によつて負担されるものであるときは、当該利子は、当該恒久的施設又は固定的施設が存在する当該一方の締約国内で生じたものとされる。
(8)利子の支払者と受益者との間又はその双方と第三者との間の特別の関係により、利子の額が、その支払の基因となつた債権を考慮する場合において、その関係がないとしたならば支払者及び受益者が合意したとみられる額を超えるときは、この条の規定は、その合意したとみられる額についてのみ適用する。この場合には、支払われた額のうち超過分に対し、この条約の他の規定に妥当な考慮を払つた上、各締約国の法令に従つて租税を課することができる。
 
 
第12条  
(1)一方の締約国内で生じ、他方の締約国の居住者に支払われる使用料に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)(1)の使用料に対しては、当該使用料が生じた締約国においても、また、当該締約国の法令に従つて租税を課することができる。その租税の額は、当該使用料の受領者が当該使用料の受益者である場合には、次のものを超えないものとする。
(a)当該使用料が、映画フィルムの使用又は使用の権利及びラジオ放送用又はテレビジョン放送用のフィルム又はテープの使用又は使用の権利に対して支払われるものである場合には、当該使用料の額の15パーセント
(b)その他のすべての場合には、当該使用料の額の25パーセント
(3)(2)の規定にかかわらず、フィリピンの居住者である法人であつて、フィリピンの投資奨励法令の下において投資委員会に登録され投資優先産業における創始的部門に従事するものが、その受益者である日本国の居住者に支払う使用料に対してフィリピンにおいて課される租税の額は、当該使用料の額の10パーセントを超えないものとする。
(4)この条において、「使用料」とは、文学上、美術上若しくは学術上の著作物(映画フィルム及びラジオ放送用又はテレビジョン放送用のフィルム又はテープを含む。)の著作権、特許権、商標権、意匠、模型、図面、秘密方式若しくは秘密工程の使用若しくは使用の権利の対価として、産業上、商業上若しくは学術上の設備の使用若しくは使用の権利の対価として、又は産業上、商業上若しくは学術上の経験に関する情報の対価として受領するすべての種類の支払金をいう。
(5)(1)から(3)までの規定は、一方の締約国の居住者である使用料の受益者が、その使用料の生じた他方の締約国において当該他方の締約国内にある恒久的施設を通じて事業を行い又は当該他方の締約国において当該他方の締約国内にある固定的施設を通じて独立の人的役務を提供する場合において、当該使用料の支払の基因となつた権利又は財産が当該恒久的施設又は当該固定的施設と実質的に関連するものであるときは、適用しない。この場合には、第7条又は第14条の規定を適用する。
(6)使用料は、その支払者が一方の締約国又は当該一方の締約国の地方政府、地方公共団体若しくは居住者である場合には、当該一方の締約国内で生じたものとされる。ただし、使用料の支払者(締約国の居住者であるか否かを問わない。)が一方の締約国内に恒久的施設又は固定的施設を有する場合において、その使用料を支払う債務が当該恒久的施設又は固定的施設について生じ、かつ、その使用料が当該恒久的施設又は固定的施設によつて負担されるものであるときは、当該使用料は、当該恒久的施設又は固定的施設が存在する当該一方の締約国内で生じたものとされる。
(7)使用料の支払者と受益者との間又はその双方と第三者との間の特別の関係により、使用料の額が、その支払の基因となつた使用、権利又は情報を考慮する場合において、その関係がないとしたならば支払者及び受益者が合意したとみられる額を超えるときは、この条の規定は、その合意したとみられる額についてのみ適用する。この場合には、支払われた額のうち超過分に対し、この条約の他の規定に妥当な考慮を払つた上、各締約国の法令に従つて租税を課することができる。
 
 
第13条  
(1)一方の締約国の居住者が第6条(2)に規定する不動産で他方の締約国に存在するものの譲渡によつて取得する収益に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)一方の締約国の企業が他方の締約国内に有する恒久的施設の事業用資産の一部をなす財産(不動産を除く。)の譲渡又は一方の締約国の居住者が独立の人的役務を提供するため他方の締約国において使用することができる固定的施設に係る財産(不動産を除く。)の譲渡から生ずる収益(単独に若しくは企業全体として行われる当該恒久的施設の譲渡又は当該固定的施設の譲渡から生ずる収益を含む。)に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(3)一方の締約国の居住者が国際運輸に運用する船舶又は航空機及びこれらの船舶又は航空機の運用に係る財産(不動産を除く。)の譲渡によつて取得する収益に対しては、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。
(4)一方の締約国に存在する不動産を主要な財産とする法人、組合又は信託の株式その他の持分の譲渡から生ずる収益に対しては、当該一方の締約国において租税を課することができる。
(5)(1)から(4)までに規定する財産以外の財産の譲渡から生ずる収益に対しては、譲渡者が居住者とされる締約国においてのみ租税を課することができる。
 
 
第14条  
(1)一方の締約国の居住者が自由職業その他の独立の性格の活動について取得する所得に対しては、その者が自己の活動を行うため通常使用することができる固定的施設を他方の締約国内に有せず、かつ、その者が当該年を通じ合計120日を超える期間当該他方の締約国内に滞在しない限り、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。その者がそのような固定的施設を有する場合又は前記の期間当該他方の締約国内に滞在する場合には、当該所得に対しては、当該固定的施設に帰せられる部分又は前記の期間を通じ当該他方の締約国内において取得した部分についてのみ、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)「自由職業」には、特に、学術上、文学上、美術上及び教育上の独立の活動並びに医師、弁護士、技術士、建築士、歯科医師及び公認会計士の独立の活動を含む。
 
 
第15条  
(1)次条及び第18条から第21条までの規定が適用される場合を除くほか、一方の締約国の居住者がその勤務について取得する給料、賃金その他これらに類する報酬に対しては、その勤務が他方の締約国内で行われない限り、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。勤務が他方の締約国内で行われる場合には、その勤務から生ずる報酬に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
(2)(1)の規定にかかわらず、一方の締約国の居住者が他方の締約国内で行う勤務について取得する報酬に対しては、次の(a)から(c)までに掲げることを条件として、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。
(a)報酬の受領者が当該年を通じて合計183日を超えない期間当該他方の締約国内に滞在すること。
(b)報酬が当該他方の締約国の居住者でない雇用者又はこれに代わる者から支払われること。
(c)報酬が当該他方の締約国内に雇用者の有する恒久的施設又は固定的施設によつて負担されるものでないこと。
(3)(1)及び(2)の規定にかかわらず、一方の締約国の企業が国際運輸に運用する船舶又は航空機において行われる勤務に係る報酬に対しては、当該一方の締約国において租税を課することができる。
 
 
第16条 一方の締約国の居住者が他方の締約国の居住者である法人の役員の資格で取得する役員報酬その他これに類する支払金に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
 
 
第17条  
(1)第14条及び第15条の規定にかかわらず、一方の締約国の居住者である演劇、映画、ラジオ若しくはテレビジョンの俳優、音楽家その他の芸能人又は運動家が芸能人又は運動家として他方の締約国内で行う個人的活動によつて取得する所得に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。
 もつとも、そのような活動が文化交流を目的とする両締約国の政府間の特別の計画に基づいて行われ、かつ、いずれかの締約国若しくはいずれかの締約国の地方政府若しくは地方公共団体の公的資金又はいずれかの締約国の特別の法人若しくは非営利団体の資金により実質的に賄われる場合には、その所得については、当該他方の締約国において租税を免除する。
(2)一方の締約国内で行う芸能人又は運動家としての個人的活動に関する所得がその芸能人又は運動家以外の他方の締約国の居住者である者に帰属する場合には、その所得に対しては、第7条、第14条及び第15条の規定にかかわらず、当該一方の締約国において租税を課することができる。
 もつとも、そのような活動が他方の締約国の居住者である芸能人又は運動家によつて文化交流を目的とする両締約国の政府間の特別の計画に基づいて行われ、かつ、いずれかの締約国若しくはいずれかの締約国の地方政府若しくは地方公共団体の公的資金又はいずれかの締約国の特別の法人若しくは非営利団体の資金により実質的に賄われる場合には、その所得については、当該一方の締約国において租税を免除する。
 
 
第18条 次条(2)の規定が適用される場合を除くほか、過去の勤務につき一方の締約国の居住者に支払われる退職年金その他これに類する報酬及び一方の締約国の居住者に支払われる保険年金に対しては、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。
 
 
第19条  
(1) 
(a)政府の職務の遂行として一方の締約国又は当該一方の締約国の地方政府若しくは地方公共団体に提供される役務につき、個人に対し、当該一方の締約国又は当該一方の締約国の地方政府若しくは地方公共団体によつて支払われる報酬(退職年金を除く。)に対しては、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。
(b)もつとも、当該役務が他方の締約国において提供され、かつ、(a)にいう個人が次の(i)又は(ii)に該当する当該他方の締約国の居住者である場合には、その報酬に対しては、当該他方の締約国においてのみ租税を課することができる。
(i)当該他方の締約国の国民
(ii)専ら当該役務を提供するため当該他方の締約国の居住者となつた者でないもの
(2) 
(a)一方の締約国又は当該一方の締約国の地方政府若しくは地方公共団体に提供される役務につき、個人に対し、当該一方の締約国若しくは当該一方の締約国の地方政府若しくは地方公共団体によつて支払われ、又は当該一方の締約国若しくは当該一方の締約国の地方政府若しくは地方公共団体が拠出した基金から支払われる退職年金に対しては、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。
(b)もつとも、(a)にいう個人が他方の締約国の居住者であり、かつ、当該他方の締約国の国民である場合には、その退職年金に対しては、当該他方の締約国においてのみ租税を課することができる。
(3)一方の締約国又は当該一方の締約国の地方政府若しくは地方公共団体が行う事業に関連して提供される役務につき支払われる報酬又は退職年金については、第15条から前条までの規定を適用する。
 
 
第20条  
(1)大学、学校その他の公認された教育機関において専ら教育又は研究を行うため一方の締約国を訪れ、2年を超えない期間一時的に滞在する教授、教員又は研究者であつて、現に他方の締約国の居住者であり、又は訪れる直前に他方の締約国の居住者であつたものは、その教育又は研究に係る報酬につき、当該一方の締約国において租税を免除される。
(2)(1)の規定は、主として特定の者の私的利益のために行われる研究から生ずる所得については、適用しない。
 
 
第21条  
(1)一方の締約国を訪れた時点において他方の締約国の居住者であつた個人であつて、主として、
(a)当該一方の締約国内の大学その他の公認された教育機関において勉学をするため、
(b)職業上の若しくは専門家の資格に必要な訓練を受けるため、又は
(c)政府若しくは宗教、慈善、学術、文芸若しくは教育の団体からの交付金、手当若しくは奨励金の受領者として勉学若しくは研究をするため、当該一方の締約国内に一時的に滞在するものは、次のものにつき、当該一方の締約国において租税を免除される。
(i)生計、教育、勉学、研究又は訓練のための海外からの送金
(ii)交付金、手当又は奨励金
(iii)当該一方の締約国内で提供する人的役務によつて取得する所得であつて年間1500合衆国ドル又は日本円若しくはフィリピン・ペソによるその相当額を超えないもの
(2)(1)の規定に基づく特典は、滞在の目的を達成するために合理的又は慣習的に必要とされる期間についてのみ与えられる。ただし、その特典は、いかなる場合にも、(1)(a)の場合には引き続き5年を超える期間、(1)(b)及び(1)(c)の場合には引き続き3年を超える期間、与えられることはない。
(3)一方の締約国を訪れた時点において他方の締約国の居住者であつた個人であつて、当該他方の締約国の居住者の使用人として又は当該居住者との契約に基づき、当該居住者以外の者から技術上、職業上又は事業上の経験を習得することを主たる目的として1年を超えない期間当該一方の締約国内に滞在するものは、その経験の習得に関連して提供する自己の人的役務に対するその期間の報酬につき、当該一方の締約国において租税を免除される。ただし、海外から受領する金額と当該一方の締約国内で支払われる金額との合計が年間4000合衆国ドル又は日本円若しくはフィリピン・ペソによるその相当額を超えない場合に限る。
(4)一方の締約国を訪れた時点において他方の締約国の居住者であつた個人であつて、当該一方の締約国の政府が主催する計画に参加する者として訓練、研究又は勉学を主たる目的として1年を超えない期間当該一方の締約国内に滞在するものは、その訓練、研究又は勉学に関連して提供する自己の人的役務に対するその期間の報酬につき、当該一方の締約国において租税を免除される。ただし、海外から受領する金額と当該一方の締約国内で支払われる金額との合計が年間4000合衆国ドル又は日本円若しくはフィリピン・ペソによるその相当額を超えない場合に限る。
 
 
第22条  
(1)一方の締約国の居住者の所得(源泉地を問わない。)で前各条に規定がないものに対しては、当該一方の締約国においてのみ租税を課することができる。
(2)(1)の規定は、一方の締約国の居住者である所得(第6条(2)に規定する不動産から生ずる所得を除く。)の受領者が、他方の締約国において当該他方の締約国内にある恒久的施設を通じて事業を行い又は当該他方の締約国において当該他方の締約国内にある固定的施設を通じて独立の人的役務を提供する場合において、当該所得の支払の基因となつた権利又は財産が当該恒久的施設又は当該固定的施設と実質的に関連するものであるときは、当該所得については、適用しない。この場合には、第7条又は第14条の規定を適用する。
 
 
第23条  
(1)フィリピンにおいて生ずる所得について納付されるフィリピンの租税の額は、日本国以外の国において納付される租税を日本国の租税から控除することに関する日本国の法令に従い、当該所得について納付される日本国の租税の額から控除する。控除を行うに当たり、当該所得が、フィリピンの居住者である法人によりその議決権のある株式又はその発行済株式の少なくとも25パーセントを所有する日本国の居住者である法人に対して支払われる配当である場合には、当該配当を支払う法人がその所得について納付するフィリピンの租税を考慮に入れるものとする。
(2)日本国において生ずる所得について納付される日本国の租税の額は、フィリピン以外の国において納付される租税をフィリピンの租税から控除することに関するフィリピンの法令に従い、当該所得について納付されるフィリピンの租税の額から控除する。控除を行うに当たり、当該所得が、日本国の居住者である法人によりその議決権のある株式又はその発行済株式の過半数を所有するフィリピンの居住者である法人に対して支払われる配当である場合には、当該配当を支払う法人がその所得について納付する日本国の租税を考慮に入れるものとする。
(3)(1)の第一文に規定する控除の適用上、フィリピンの租税は、常に、第10条(3)の規定が適用される配当については20パーセントの率で、第11条(2)(a)又は(3)の規定が適用される利子及び第12条(3)の規定が適用される使用料については15パーセントの率で支払われたものとみなす。
 
 
第24条  
(1)一方の締約国の国民は、他方の締約国において、同様の状況にある当該他方の締約国の国民に課されており若しくは課されることがある租税若しくはこれに関連する要件以外の又はより重い租税若しくはこれに関連する要件を課されることはない。
(2)一方の締約国の企業が他方の締約国内に有する恒久的施設に対する租税は、当該他方の締約国において、同様の活動を行う当該他方の締約国の企業に対して課される租税よりも不利に課されることはない。この規定は、一方の締約国に対し、家族の状況又は家族を扶養するための負担を理由として自国の居住者に認める租税上の人的控除、救済及び軽減を他方の締約国の居住者に認めることを義務付けるものと解してはならない。
(3)第9条、第11条(8)又は第12条(7)の規定が適用される場合を除くほか、一方の締約国の企業が他方の締約国の居住者に支払つた利子、使用料その他の支払金については、当該企業の課税対象利得の決定に当たつて、当該一方の締約国の居住者に支払われたとした場合における条件と同様の条件で控除するものとする。
(4)一方の締約国の企業であつてその資本の全部又は一部が他方の締約国の一又は二以上の居住者により直接又は間接に所有され又は支配されているものは、当該一方の締約国において、当該一方の締約国の類似の他の企業に課されており若しくは課されることがある租税若しくはこれに関連する要件以外の又はより重い租税若しくはこれに関連する要件を課されることはない。
(5)この条の規定は、第2条の規定にかかわらず、すべての種類の税に適用する。
(6)(1)から(5)までの規定にかかわらず、フィリピンは、次の法令によつて与えられる租税上の特典を享受する者をその国民に限定することができる。
(a)投資奨励法(共和国法第5186号)、輸出奨励法(共和国法第6135号)、観光産業投資奨励計画(大統領令第535号)又は農業投資奨励法(大統領令第1159号)。ただし、これらの法令が、この条約の署名の日に有効であり、かつ、当該署名の日以後改正されていないか又はその改正がその基本的性格に影響を及ぼさない程度の軽微な点についてのみのものであることを条件とする。
(b)フィリピンの経済開発計画のためにフィリピンにおいて制定されるその他の法令で、両締約国の政府間の合意により決定されるもの
 
 
第25条  
(1)いずれか一方の又は双方の締約国の措置によりこの条約の規定に適合しない課税を受け又は受けるに至ると認める者は、その事案について、当該締約国の法令で定める救済手段とは別に、自己が居住者である締約国の権限のある当局に対して又はその事案が前条(1)の規定の適用に関するものである場合には自己が国民である締約国の権限のある当局に対して、申立てをすることができる。当該申立ては、この条約の規定に適合しない課税に係る当該措置の最初の通知の日から3年以内に、しなければならない。
(2)権限のある当局は、(1)の申立てを正当と認めるが、満足すべき解決を与えることができない場合には、この条約の規定に適合しない課税を回避するため、他方の締約国の権限のある当局との合意によつてその事案を解決するよう努める。
(3)両締約国の権限のある当局は、この条約の解釈又は適用に関して生ずる困難又は疑義を合意によつて解決するよう努める。両締約国の権限のある当局は、また、この条約の対象である祖税に関し、この条約に定めのない場合における二重課税を除去するため、相互に協議することができる。
(4)両締約国の権限のある当局は、(2)及び(3)の合意に達するため、直接相互に通信することができる。
 
 
第26条  
(1)両締約国の権限のある当局は、この条約を実施するため、この条約の対象である租税に関する脱税を防止するため、又はこの条約の対象である租税の回避に対処することを目的とする法規を実施するために必要な情報を交換するものとする。交換された情報は、秘密として取り扱うものとし、この条約の対象である租税の賦課徴収に関与する者又は当局(裁判所を含む。)、これらの租税に関する不服申立てについての決定に関与する者又は当局(裁判所を含む。)及び当該情報に関係を有する者以外のいかなる者又は当局にも開示してはならない。
(2)(1)の規定は、いかなる場合にも、一方の締約国に対し、次のことを行う義務を課するものと解してはならない。
(a)当該一方の締約国又は他方の締約国の法令及び行政上の慣行に抵触する行政上の措置をとること。
(b)当該一方の締約国又は他方の締約国の法令の下において又は行政の通常の運営において入手することができない情報を提供すること。
(c)営業上、事業上、産業上、商業上若しくは職業上の秘密若しくは取引の過程を明らかにするような情報又は公開することが公の秩序に反するような情報を提供すること。
 
 
第27条 この条約のいかなる規定も、国際法の一般原則又は特別の協定に基づく外交官又は領事官の租税上の特権に影響を及ぼすものではない。
 
 
第28条 この条約のいかなる規定も、日本国の居住者であるフィリピンの市民に対してフィリピンの法令に従つて租税を課するフィリピンの権利を害するものと解してはならない。もつとも、日本国は、当該租税について税額控除を認めることを義務付けられない。
 
 
第29条  
(1)この条約は、両締約国によりそれぞれの憲法及び法律の定めるところに従つて批准されなければならない。批准書は、できる限り速やかにマニラで交換されるものとする。
(2)この条約は、批准書の交換の日の後30日目の日に効力を生ずるものとし、次のものについて適用する。
(a)日本国においては、
 批准書の交換が行われた年の翌年の1月1日以後に開始する各課税年度の所得
(b)フィリピンにおいては、
(i)批准書の交換が行われた年の翌年の1月1日以後に支払われる金額について源泉徴収される租税
(ii)批准書の交換が行われた年の翌年の1月1日以後に開始する各課税年度のその他の租税
 
 
第30条 この条約は、無期限に効力を有する。ただし、いずれの一方の締約国も、この条約の効力発生の日から3年の期間が満了した後に開始する各年の6月30日以前に、外交上の経路を通じて他方の締約国に対し書面による終了の通告を行うことができる。この場合には、この条約は、次のものについて効力を失う。
(a)日本国においては、
 終了の通告が行われた年の翌年の1月1日以後に開始する各課税年度の所得
(b)フィリピンにおいては、
(i)終了の通告が行われた年の翌年の1月1日以後に支払われる金額について源泉徴収される租税
(ii)終了の通告が行われた年の翌年の1月1日以後に開始する各課税年度のその他の租税
 

以上の証拠として、下名は、正当に委任を受けてこの条約に署名した。
1980年2月13日に東京で、英語により本書二通を作成した。
 
議定書

所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とフィリピン共和国との間の条約(以下「条約」という。)の署名に当たり、下名は、条約の不可分の一部をなす次の規定を協定した。

1 条約第7条(1)に関し、一方の締約国の企業が、他方の締約国内にある恒久的施設を通じて販売する物品若しくは商品と同一若しくは類似の種類の物品若しくは商品を当該他方の締約国内において販売することによつて取得する利得又は当該恒久的施設を通じて行うその他の事業活動と同一若しくは類似の種類の事業活動を当該他方の締約国内において行うことによつて取得する利得については、当該同一若しくは類似の種類の物品若しくは商品の販売又は当該同一若しくは類似の種類の事業活動が租税を回避するために行われたものであることが立証された場合に限り、これを当該恒久的施設に帰せられるものとすることができる。
2 条約第7条(3)に関し、企業の恒久的施設が当該企業の本店若しくは他の事務所に支払つた又は振り替えた支払金(実費弁償に係るものを除く。)で次に掲げるものについては、損金に算入することを認めない。
(a)特許権その他の権利の使用の対価として支払われる使用料、報酬その他これらに類する支払金
(b)特定の役務の提供又は事業の管理の対価として支払われる手数料
(c)当該恒久的施設に対する貸付けに係る利子(当該企業が銀行業を営む企業である場合を除く。)
3 条約第10条(3)、第11条(3)及び第12条(3)の規定の適用上、「フィリピンの投資奨励法令」とは、次のものをいう。
(a)投資奨励法(共和国法第5186号)、輸出奨励法(共和国法第6135号)及び農業投資奨励法(大統領令第1159号)。ただし、これらの法令が、条約の署名の日に有効であり、かつ、当該署名の日以後改正されていないか又はその改正がその基本的性格に影響を及ぼさない程度の軽微な点についてのみのものであることを条件とする。
(b)フィリピン共和国の経済開発計画のためにフィリピン共和国において制定されるその他の法令で、両締約国の政府間の合意により決定されるもの
4 条約第16条に関し、法人の役員が管理的又は技術的性格を有する日常的な職務の遂行につきその法人から取得する報酬については、条約第15条の規定を準用する。この場合において、当該報酬は、勤務についての報酬とみなし、「雇用者」とあるのは「法人」と読み替えるものとする。
5 条約のいかなる規定も、フィリピン共和国が、日本国の居住者である法人の収益(船舶又は航空機を国際運輸に運用することによつて取得するものを除く。)で当該法人のフィリピン共和国内に有する恒久的施設に帰せられるものに対し、当該法人がフィリピン共和国の居住者であるとしたならばその所得に対して課されることとなる租税に加えて租税を課することを妨げるものと解してはならない。ただし、この付加的な租税の額は、当該収益のうち海外に送金される額の10パーセントを超えないものとする。この場合において、「収益」とは、いずれかの年及びその年前の数年においてフィリピン共和国内にある恒久的施設に帰せられる利得の額から、当該利得に対してフィリピン共和国が課するすべての租税(この規定にいう付加的な租税を除く。)の額を控除した額をいう。
 

以上の証拠として、下名は、正当に委任を受けてこの議定書に署名した。
1980年2月13日に東京で、英語により本書二通を作成した。



Corporation Code of Philippines (2)
2017/12/1

TITLE II – INCORPORATION AND ORGANIZATION OF PRIVATE CORPORATIONS

第二部 民間企業の設立と組織化

Section 10. Number and qualifications of incorporators. – Any number of natural persons not less than five (5) but not more than fifteen (15), all of legal age and a majority of whom are residents of the Philippines, may form a private corporation for any lawful purpose or purposes. Each of the incorporators of s stock corporation must own or be a subscriber to at least one (1) share of the capital stock of the corporation.

第10条 発起人の人数と資格 法律に準拠した目的を持った民間企業の設立に関して何人でも可能であるが、5人以上15人以下の自然人が必要であり、全員が法定年齢に達していること、また過半数はフィリピン居住者であることが求められる。それぞれの発起人は少なくともその会社の株式を1株以上保有或いは引き受けなければならない。

Section 11. Corporate term. – A corporation shall exist for a period not exceeding fifty (50) years from the date of incorporation unless sooner dissolved or unless said period is extended. The corporate term as originally stated in the articles of incorporation may be extended for periods not exceeding fifty (50) years in any single instance by an amendment of the articles of incorporation, in accordance with this Code; Provided, That no extension can be made earlier than five (5) years prior to the original or subsequent expiry date(s) unless there are justifiable reasons for an earlier extension as may be determined by the Securities and Exchange Commission.

第11条 会社の存続期間 会社は早期解散または延長しない限り、設立日から50年を越えない期間存続できる。会社の設立時原始定款に定められている存続期間は、会社法に基づき定款変更により一度に50年を超えない期間を定めて延長できる。証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)により早期延長が決定される正当な理由がない限り、原始定款または変更後の定款に明記される存続期限の5年以上前に延長を行うことは出来ない。

 

Section 12. Minimum capital stock required of stock corporations. – Stock corporations incorporated under this Code shall not be required to have any minimum authorized capital stock except as otherwise specifically provided for by special law, and subject to the provisions of the following section.

第12条 株式会社の最少株式数 会社法における株式会社の設立には、その他の特別法によって特別に定められている場合を除き、最少授権資本株式数は求められていない。

Section 13. Amount of capital stock to be subscribed and paid for the purposes of incorporation. – At least twenty-five percent (25%) of the authorized capital stock as stated in the articles of incorporation must be subscribed at the time of incorporation, and at least twenty-five (25%) per cent of the total subscription must be paid upon subscription, the balance to be payable on a date or dates fixed in the contract of subscription without need of call, or in the absence of a fixed date or dates, upon call for payment by the board of directors: Provided, however, That in no case shall the paid-up capital be less than five Thousand (P5,000.00) pesos.

第13条 法人設立における引受株式及び払込株式の金額 取締役会において決定した払込日、契約における払込日、または特定の払込日の記載がない場合において、金額設立時の定款に定める授権資本の少なくとも25%以上の株式引受を必要とし、少なくとも全引受株式の25%の株式にかかる払込が必要となる。

 

Section 14. Contents of the articles of incorporation. – All corporations organized under this code shall file with the Securities and Exchange Commission articles of incorporation in any of the official languages duly signed and acknowledged by all of the incorporators, containing substantially the following matters, except as otherwise prescribed by this Code or by special law:

1. The name of the corporation;

2. The specific purpose or purposes for which the corporation is being incorporated. Where a corporation has more than one stated purpose, the articles of incorporation shall state which is the primary purpose and which is/are the secondary purpose or purposes: Provided, That a non-stock corporation may not include a purpose which would change or contradict its nature as such;

3. The place where the principal office of the corporation is to be located, which must be within the Philippines;

4. The term for which the corporation is to exist;

5. The names, nationalities and residences of the incorporators;

6. The number of directors or trustees, which shall not be less than five (5) nor more than fifteen (15);

7. The names, nationalities and residences of persons who shall act as directors or trustees until the first regular directors or trustees are duly elected and qualified in accordance with this Code;

8. If it be a stock corporation, the amount of its authorized capital stock in lawful money of the Philippines, the number of shares into which it is divided, and in case the share are par value shares, the par value of each, the names, nationalities and residences of the original subscribers, and the amount subscribed and paid by each on his subscription, and if some or all of the shares are without par value, such fact must be stated;

9. If it be a non-stock corporation, the amount of its capital, the names, nationalities and residences of the contributors and the amount contributed by each; and

10. Such other matters as are not inconsistent with law and which the incorporators may deem necessary and convenient.

The Securities and Exchange Commission shall not accept the articles of incorporation of any stock corporation unless accompanied by a sworn statement of the Treasurer elected by the subscribers showing that at least twenty-five (25%) percent of the authorized capital stock of the corporation has been subscribed, and at least twenty-five (25%) of the total subscription has been fully paid to him in actual cash and/or in property the fair valuation of which is equal to at least twenty-five (25%) percent of the said subscription, such paid-up capital being not less than five thousand (P5,000.00) pesos.

第14条 定款の内容 会社法に基づき設立したすべての会社は、すべての発起人が正式に署名及び承認し、公式な言語により記載された定款を証券取引委員会(Securities and Exchange Commission )に提出する必要があり、会社法や特別法に掲載されるその他の条項によって求められる条項を除き以下の内容を実質的に含まなければならない。

  1. 会社名
  2. 設立した会社の目的 会社は1つ以上の目的を持ち、定款には主目的及び副目的を記載する。ただし非株式会社は目的の変更や性質と矛盾した目的の記載をしてはならない。
  3. フィリピン国内に会社の主たる事務所の所在地を定めなければならない。
  4. 会社の存続期間
  5. 発起人の名前、国籍、住所地
  6. 取締役や理事の人数 5人以上15人以内
  7. 会社法に基づき第一回定時取締役会や理事会で取締役が選出され任命されるまでの間、取締役や理事としての業務を行う者の氏名、国籍、住所地
  8. 株式会社の場合 フィリピンにおける法定通貨における授権資本の金額、株式数、額面価額、1株あたりの額面価額、当初株式引受人の名前、国籍、住所地、引受金額及び引受金額のうち払込金額。一部或いはすべての株式において額面価額がない場合は、その事実の記載
  9. 非株式会社の場合 資本の金額、引受人の氏名、国籍、住所地、それぞれの引受人の拠出額
  10. その他の内容、法律に反するものではなく発起人が必要あるいは記載したいと思われる内容

会社の授権資本の少なくとも25%の引受がされ、引受資本の市場価格の25%と同額の現金や現物出資が払い込まれていることを株式引受人により正式に選任された財務役の宣誓書がない限り、証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)は、これを承認しない。また払込資本は5000ペソを下回ってはならない。

 

 




Corporation Code of Philippines (1)
2017/11/26

TITLE I – GENERAL PROVISIONS DEFINITIONS AND CLASSIFICATIONS 

第一部 一般規定と分類

Section 1. Title of the Code. – This Code shall be known as “The Corporation Code of the Philippines.”

第一条 法規名 この法規をフィリピン会社法と呼ぶ。

 

Section 2. Corporation defined. – A corporation is an artificial being created by operation of law, having the right of succession and the powers, attributes and properties expressly authorized by law or incident to its existence.

第二条 会社の定義 法人は現行法において、それが存在すること或いは法律によって明示的に承継、権限、帰属や所有の権利を有することを認められた人為的な人格である。

Section 3. Classes of corporations. – Corporations formed or organized under this Code may be stock or non-stock corporations. Corporations which have capital stock divided into shares and are authorized to distribute to the holders of such shares dividends or allotments of the surplus profits on the basis of the shares held are stock corporations. All other corporations are non-stock corporations.

第三条 会社の分類 会社はこの法規により株式会社あるいは非株式会社として設立・組織化される。資本金を株式に分割し、資本金をを株式に分割し、その持分に応じて株主に剰余金の配当や割当を行う権限を与えられた会社を株式会社と呼び、その他の会社のことを非株式会社と呼ぶ。

 

Section 4. Corporations created by special laws or charters. – Corporations created by special laws or charters shall be governed primarily by the provisions of the special law or charter creating them or applicable to them, supplemented by the provisions of this Code, insofar as they are applicable.

第四条 特別法や勅許により設立された会社 特別法や勅許により設立された会社は、主にそれら特別法や勅許に基づき治めるものであり、この会社法の条文はそれら特別法等を補完し適用するものとする。

Section 5. Corporators and incorporators, stockholders and members. – Corporators are those who compose a corporation, whether as stockholders or as members. Incorporators are those stockholders or members mentioned in the articles of incorporation as originally forming and composing the corporation and who are signatories thereof.

Corporators in a stock corporation are called stockholders or shareholders. Corporators in a non-stock corporation are called members.

第五条 構成員及び発起人、株主、役員 構成員は株主として或いは会員として会社を構成する。発起人は設立時構成員として定款にその名が掲載された株主或いは会員であって定款に署名した者として会社の構成員となった者のことをいう。

株式会社の構成員は株主と呼ぶ。非株式会社の構成員を会員という。

 

Section 6. Classification of shares. – The shares of stock of stock corporations may be divided into classes or series of shares, or both, any of which classes or series of shares may have such rights, privileges or restrictions as may be stated in the articles of incorporation: Provided, That no share may be deprived of voting rights except those classified and issued as “preferred” or “redeemable” shares, unless otherwise provided in this Code: Provided, further, That there shall always be a class or series of shares which have complete voting rights. Any or all of the shares or series of shares may have a par value or have no par value as may be provided for in the articles of incorporation: Provided, however, That banks, trust companies, insurance companies, public utilities, and building and loan associations shall not be permitted to issue no-par value shares of stock.

第六条 株式の分類 株式会社の株式はいずれかの種類に分類することができ、株式はいずれの種類においても権利、特権または制限が定款に記載されている。 本条において別段の定めがない限り、「優先株式」または「償還可能株式」という種類株式として発行された株式以外は議決権行使の権利を有するものとする。議決権を有する種類の株式は常に存在する 。いずれの株式も定款において額面価額または無額面価額かを記載している。 但し、銀行、信託会社、保険会社、公益事業会社、建物組合やローン組合は無額面株式を発行することは認められない。

 

Preferred shares of stock issued by any corporation may be given preference in the distribution of the assets of the corporation in case of liquidation and in the distribution of dividends, or such other preferences as may be stated in the articles of incorporation which are not violative of the provisions of this Code: Provided, That preferred shares of stock may be issued only with a stated par value. The board of directors, where authorized in the articles of incorporation, may fix the terms and conditions of preferred shares of stock or any series thereof: Provided, That such terms and conditions shall be effective upon the filing of a certificate thereof with the Securities and Exchange Commission.

法人が発行した優先株式は清算および配当時、会社財産の分配が優先される。定款に記載されているような 本優先株式の優先株式は、記載された額面のみで発行することができる。 この条文に違反しないその他の優先株について定款に掲載することができる、例えば優先株式は額面価額のある株式のみ発行されるなどである。定款にその権限を与えられた取締役会は優先株の条件を設けることができる、例えばそのような条件は証券取引委員会にその証明書を提出することにより有効となる。

 

Shares of capital stock issued without par value shall be deemed fully paid and non-assessable and the holder of such shares shall not be liable to the corporation or to its creditors in respect thereto: Provided; That shares without par value may not be issued for a consideration less than the value of five (P5.00) pesos per share: Provided, further, That the entire consideration received by the corporation for its no-par value shares shall be treated as capital and shall not be available for distribution as dividends.

額面価額のない株式発行は満額払い込まれたと見做されると同時に検査不能であり、その株主は会社に対して責任や債権を持つものではない。無額面株式は一株あたり5ペソの価値を下回る対価での発行は認められない。さらに無額面株式の発行と引き換えに会社が受け取った対価のすべては資本金として扱われ、分配や配当してはならない。

A corporation may, furthermore, classify its shares for the purpose of insuring compliance with constitutional or legal requirements.

Except as otherwise provided in the articles of incorporation and stated in the certificate of stock, each share shall be equal in all respects to every other share.

また会社は憲法またはその他の法的要件を満たすために、株式を分類することができる。

定款に別段の定めがあり且つ株式証書に記載されている場合を除き、各株式はすべての点において他のすべての株式と同等であるものとする。

Where the articles of incorporation provide for non-voting shares in the cases allowed by this Code, the holders of such shares shall nevertheless be entitled to vote on the following matters:

定款においてその株式に議決権のない旨を以下の書類に掲載した場合であっても、以下の決議を行う場合、会社法においてそれら株式にも議決権が認められる。

1. Amendment of the articles of incorporation;

2. Adoption and amendment of by-laws;

3. Sale, lease, exchange, mortgage, pledge or other disposition of all or substantially all of the corporate property;

4. Incurring, creating or increasing bonded indebtedness;

5. Increase or decrease of capital stock;

6. Merger or consolidation of the corporation with another corporation or other corporations;

7. Investment of corporate funds in another corporation or business in accordance with this Code; and

8. Dissolution of the corporation.

1.定款変更。

2.付属定款の採用と変更。

3.すべての又は実質的にすべての会社財産の売却、リース、交換、抵当権設定、保証または処分。

4.社債の起債または増加。

5.増資または減資。

6.他の法人の買収または合併。

7.他の法人や事業への会社資本の投資

8.解散

Except as provided in the immediately preceding paragraph, the vote necessary to approve a particular corporate act as provided in this Code shall be deemed to refer only to stocks with voting rights.

会社法において前項の条文に規定する特定の会社の行動を承認するために必要な決議を行う場合を除き、議決権を有する株式のみが決議を行うことができると見做される。

 

Section 7. Founders’ shares. – Founders’ shares classified as such in the articles of incorporation may be given certain rights and privileges not enjoyed by the owners of other stocks, provided that where the exclusive right to vote and be voted for in the election of directors is granted, it must be for a limited period not to exceed five (5) years subject to the approval of the Securities and Exchange Commission. The five-year period shall commence from the date of the aforesaid approval by the Securities and Exchange Commission.

第7条 創業者株式 定款に記載された創業者株式は他の株主に与えられることのない特定の権利と特権が与えられる。例えばその権利は取締役を選出するための独占的な議決権が与えられるが、証券取引委員会に承認されたものであっても承認された日から開始して5年を超えることはできない。

Section 8. Redeemable shares. – Redeemable shares may be issued by the corporation when expressly so provided in the articles of incorporation. They may be purchased or taken up by the corporation upon the expiration of a fixed period, regardless of the existence of unrestricted retained earnings in the books of the corporation, and upon such other terms and conditions as may be stated in the articles of incorporation, which terms and conditions must also be stated in the certificate of stock representing said shares.

第八条 償還株式  償還株式は、定款に明示され手いる場合に会社は発行することができる。帳簿上の無制限 利益剰余金の有無や定款及び株券に定めるその他の条件にかかわらず、一定期間が満了した償還可能株式を会社は取得することができる

 

Section 9. Treasury shares. – Treasury shares are shares of stock which have been issued and fully paid for, but subsequently reacquired by the issuing corporation by purchase, redemption, donation or through some other lawful means. Such shares may again be disposed of for a reasonable price fixed by the board of directors.

第九条 自己株式 自己株式とは一度発行し払い込みを受けたものが、後に会社が償還や寄付、あるいはその他の合法的な方法により取得した株式のことである。それらの株式は取締役会が合理的な価格を設定し、再度処分することができる。




世界の潮流 来年は金利上昇傾向
2017/11/23

 フィリピン中央銀行は来年以降、長期的な経済成長を実現させるために政策金利を引き上げるという予測が多くの経済学者の間で立てられている。ここ数年のインフレ率は平均3%前後を推移しており、必ずしも加熱しているような状況にはまだない。

 

 来年のインフレ目標を2%%-4%と設定しており、来年の予測も中央銀行(BSP)によれば3.4%と平均並みに落ちつくという予測が立てられている。近年のBSPは政策金利に対しては中立的な立場をとり続けてきており、金融政策に変更は見られないが、ここに来て来年は金利引き上げ観測が出ているのは、やはりアメリカ連邦準備理事会の(FRB)の金利引き上げ政策が大いに影響していると言える。

 アメリカの公開市場委員会(FOMC)が利上げを行うという予測に対応するようにASEAN各国の金利市場も上昇圧力が高まると覆われる。インドネシアの政策金利が4.25%だが来年は4.5%くらいまで、タイは1.5%から1.75%へ、マレーシアは3%から3.25%へ、シンガポールは1.2&から1.55%へと引き上げるもの見られる。

 

 各国が金融引き締めへと政策を転換させつつある中、金融緩和を継続し続けるという日本銀行の対応に円安誘導などという国際社会からの批判が出てきかねない状況に追い込まれる可能性がある。低金利、国債の買い入れによる資本の市場流通量増という旧来の金融緩和を解除できないという日本独特の背景もあるものの、世界が金融引き締めに動く中、これから日本政府と日本銀行は国際調和と日本の財政事情を両立させるための難しい判断を迫られるのではなかろうか。わたしは近頃の経済を見ているとすでにケインズ経済論で説明できる経済状況にはなく、新しい世界経済のステージに突入したのではという間隔さえ覚える。しかし、この経済の行く末を明示的に示した経済学者はまだない。すなわちこれかの経済がどうなるか、或いはどのような政策が効果的なのかが誰もが良く分からない、まるで船頭やGPSのない船に乗っているようなものだろう。どこにたどり着くかは分からない。運が悪ければ全員が乗ったこの大きな船が難破したり座礁する可能性を頭の片隅に入れておく必要があるかもしれない。

 現在の状況が分からないのであれば、私からのアドバイスとして、すべては基本に立ち返れということをお伝えしたい。経済とは何かという根本的な疑問に対して、どのように答えを求めていくのか。

 やはり、景気や経済を好転させることが財政再建や金融政策の正常化への王道のような気がする。たとえ難しくとも経済は小手先の政策で短絡的なインフレ目標や円安誘導ではなく、正しい道を歩んでいけるような政策が求められるのではと思う。

 

 




居住外国法人と非居住外国法人
2017/11/19

 フィリピン会社法における「外国法人」の定義は、フィリピン以外の国の法律により設立・組織化された法人のことを外国法人といいます。(日本法人が設立した現地法人は法律上の外国法人ではないことに留意してください。)

 所得税法上、外国法人は居住外国法人(Resident Foreign Corporations)と非居住外国法人(Non Resident Foreign Corporations)  とに分類されます。居住外国法人とはフィリピンにおいて事業活動を行っている法人のことであり、一方で非居住外国法人とはフィリピンで事業活動を行わない法人のことを指します。所得税法上、本質的に居住外国法人と非居住外国法人は同じとされています。

 

 居住外国法人及び非居住外国法人は課税される方法にそれぞれの違いはありますが、共通しているのはフィリピンにおいて得られた所得(国内源泉所得)に対して課税され、フィリピン国外においてえられた所得(源泉所得)に対しては課税されないということです。課税範囲が日本の法人税法におけるそれとが異なるのが特徴です。

 非居住外国法人 (NRFC)への課税は基本的にフィリピン国内源泉所得における収入額の30%が課税され、居住外国法人(RFC)は課税所得に対して30%の税率が摘要されます。また居住外国法人は法人所得税の申告やその他の税務申告や届出が必要となります、一方、非居住外国法人はそれらの申告を必要とせず Final Withholding Taxと呼ばれる源泉徴収義務者による源泉分離課税方式での課税により納税が完結します。

 事業体がフィリピン国内において居住外国法人または非居住外国法人であるかを判断するための基準として、フィリピンにPermanent Establishment (PE) の存在の有無を認識されることとなります。PEとはフィリピンにおいて事業を行う際に拠点となる場所のことですが、オフィスや倉庫、工場、支店等がPEの例として挙げられます。その他の例として、ある一定の期間フィリピンに代表者、事業責任者やエージェントなどが駐在するケースや活動内容の性質や種類により認定されることもあります。PE認定された場合、外国の保人や事業体がPEを通じて事業やビジネスを展開しているとされ、PEに帰属する収入はフィリピンにおける法人所得税等の対象となります。

 分かりやすいPE認定の一例として、外国法人がフィリピンに支店を設けることで結果的にPE認定されることになります。またさらに分かりやすい例として外国法人がフィリピンで事業を行うために Philippines Security Exchange Commission (SEC)に登録することがありますが、それは単なる支店としての登録ではあっても、居住外国法人(Residend Foreign Corporations) と認定されます。また支店(居住外国法人と認定された事業所)は、Breau of Revenue に登録する義務があり、法人所得税やその他の事業所に関連する税の申告及び納税義務を負うこととなります。

 しかしながら、短期間の事業活動を行う事業体ではあるが、PE認定されうる十分な要件を備えた事業体はどうでしょうか。それらは居住外国法人または非居住外国法人と認定されるのでしょうか。

 これに対する比較的新しい租税審理裁判所の判例 (Court of Tax Appeal Case 6388, August 22th, 2005) として、以下のように判決が下されています。

「税制上、PE認定されたというだけであれば、税制上の地位は非居住外国法人としての立場を有することとなる。これはSECから事業ライセンスを取得しておらず、且つBIR (Breau of Internal revenue) に登録していない事業所を取り扱ったケースです。この場合は、非居住外国法人として扱われ、税金の納付形態はFinal Withholding Tax により徴収されるのみとされています。

 一方、BIRは裁判所の判例とは異なる取り扱いをしています。フィリピンにおけるPE認定された外国法人に対するFinal withholding Taxの対象となる支払に対しては多くの確認事項が要求されます。また居住外国法人として扱われる事業所、すなわちフィリピンにおいて事業活動を行うとしてPE認定を受けた事業所もまた多くのルール付けが近年されるようになりました。その場合は、Tax Identification Number (TIN:納税者番号)の取得が義務付けられるようになります。しかしながら、PE認定における登録に関する特定の税務ガイドラインがきちんと定まっておらず、これが税務手続を混乱させる要因となっています。一つのルールとして外国法人はPEの事業所の所在地を登録することが出来るとされています。我々の会社の管轄税務署(RDO 39)によれば、ワンタイムTINの取得で足りるということを公式に発表していますが、これも管轄税務署により考え方や取り扱いが異なる一つの例といえるでしょう。

 

 これらの情報を踏まえて、総合的に判断して得られる結論は、PE認定された外国法人はフィリピンにおいて事業活動を行う限りはその事業所は居住外国法人として扱われるのが一般的でしょう。しかし、SEC等に登録していない外国法人に関しては、PE認定や納税方法についてさらに慎重に検討して統一したルール作りをするべき分野だろうと考えています。これからの経済発展に伴って進出する外国企業もますます増える傾向にあります。PE認定されるかどうか、居住外国法人として扱われるか、非居住外国法人となるかの統一したルール作りが急務といえるでしょう。

 

 

 




私の好きな言葉
2017/11/15

 私は今までI Phoneを使ったことがない。新しいものにはすぐには関心を示さない性格なのだ。しかしながら私はアップルの創業者であるスティーブ・ジョブズが好きだ。理由は彼が成功者だからではない。彼は大学を中退し、自身の会社からも捨てられ、まったく何もないところから再び這い上がってきたからだ。彼に限らず人はどん底に落とされて、さらにそこから這い上がってくるまでの過程や自身が現状おかれている状況への向き合い方にこそ真価が問われる。またどん底を味わった人の言葉には名言が多い。彼らの放つ言葉には魂が宿っているのだ、いわゆる言霊だろう。他に好きな経営者といえば南原竜樹さんは一夜にして100億円の負債を抱え、六本木ヒルズの公園で寝泊りしてたら警備員に追い出されるほど落ちぶれた挙句、本物のホームレスになった過去があり、孫正義さんは貧しい朝鮮部落出身の在日3世だ。戸籍がない家に住み、一家で酒の密造をして生計を立てた少年時代を経験している、生きることに必死だったのだ。彼らもまたどん底から這い上がってきた猛者なのだ。たとえまたどん底に落ちたとしても私の彼らへの尊敬の念は変わらない。

 

 私がこの仕事をはじめるためにフィリピンに来たとき、ただ唯一支えにしてきた言葉がある。

それは先述のアップルの創業者 スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の2005年の卒業式で卒業生に送った言葉である。

 “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right”

「貴方が生きている一日一日を、今日が人生で最後の一日なのだと思って生きることができれば、貴方は最も確実に正しい生き方をすることが出来る」

 

 「今の貴方の人生は満足のいくもので、自分にとって正しい生き方をしていますか?」 と問いかけている。 

 

 彼がビジネスをはじめたとき、また従業員数千人の大会社の社長という地位を奪われ自分が一から作り上げた会社を追われたとき、あるいは癌になり余命数ヶ月の宣告を受けたときにも、彼は自分が今最もやりたいこと、すなわち自分が愛した仕事に復帰するという選択をした。それは名誉ではなくお金でも地位でも権力のためでもなく、単なる1人のI Phone大好き少年に戻ることを選択したのだ。そうしてなお自分の仕事に挑み続けた彼が支えにしてきた言葉は、彼が亡くなった後も、そこに込められた思いと共に人々の中で力強い火を灯していて、私も彼の言葉に感銘を受けた1人だ。

 

 これもスティーブのスピーチの一文だが、この言葉は私が亡くなった後も自身の心の支えにして欲しいという願いをこめて、私の息子に送った言葉である。

 ”Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma ―which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everythingelse is secondary. ”

 「貴方の時間は限られているのだ、だからこそ他人の人生を生きて人生を無駄にしてはいけない。他人が考え、そして創りだしたこと、すなわちドグマ(社会通念や偏見)にとらわれてはいけない。他人の意見や考えといったノイズに自分の内なる声がかき消されてはいけない。最も重要なのはあなたの心と直感に従う勇気をもつことなのです。あなたの心と直感は自分が本当は何をしたいのかという答えをすでにもっているはずです。他のことは後回しで良いのです。」

 日本のことわざにも「光陰矢の如し」という言葉があるが、誰にも限られた時間を有効に使おうというのは世界共通の考え方なのだろう。そして限られた時間を自分の心や直感を信じたとおりに生きよう。そして、それが貴方にとって最も確実で正しい生き方なのだ。しかし、これが一番難しいだろう。誰もが思い描いたとおりに生きられるなら苦労はいらない、人にはそれぞれ苦労や背負うべきものがあるのだから。しかし、少しでも自分の心のままに生きられるように努力しようという彼のメッセージを伝えたいと思う。

 未来は分からない、分からないからこそ、分からないなりに生きることを愉しもう。将来、過去を振り返って失敗したと思うことは誰にでもある。正しい選択をしたと思えることは少ないかもしれない。それでも失敗したなりに見えてくることもあるはずだ。そういった過去や経験というそれぞれの点が繋がって未来は出来ていく。未来は過去と今の結果でしかない。小さいなりに今できることはあるはずだ。明日のことは誰にも分からない。今、自分の心と直感にしたがって選択する。それがその人の明日を作るだろう。

 

 ”Stay Foolish, Stay Hungry.”  「馬鹿であれ、ハングリーであれ!」 by  スティーブ・ジョブズ

 




ネガティブリスト改正案が2017年12月に法案化
2017/11/14

 現在、第10次ネガティブリストが発効されている。これはアキノ前大統領の下で発行された最新のリストになるが、列挙されているのはネガティブリスト特有の規制業種の他、憲法やその他の法律で規制されているものを含む形でこれらを統合して出来上がっている。

 

 ドゥテルテ大統領によると、外資規制の緩和のため憲法改正を含めた法律の見直しを進めていくと議会で表明しているが、その方針を受けてのネガティブリストの改正案の審議が国会で行われているというわけだ。

 ドミンゲス財務大臣、ペルニヤ国家経済開発庁長官によれば、審議されている分野は医療、教育、建設、製造業を中心に規制緩和を進めて行くということのようだ。また、現在は憲法で規制されている分野として公共事業や法律分野への緩和期待も高まっている。これからの10年~15年は日本や中国、韓国からの資金面でのバックアップのおかげで公共インフラが大幅に発展するものと見られる。道路、鉄道、空港、通信、電気、港湾、警察、消防、軍事などフィリピンが期待しているインフラ事業は日本の高度経済成長の時期を思わせるほどのフィリピンの発展と外資規制緩和の象徴的存在となりえるほどの潜在的な経済効果が期待される。

 今、通信分野などは憲法によって公共事業に該当すると定められているため、外資比率40%という規制の対象となっている。そのためこういった分野への参入は必然的に現地企業との合弁や提携が必要になると共に経営権や投資資本への管理、利益配分などで外資と現地企業との間に軋轢が生じるケースが多く見受けられたため、外資制限を回避するために、ITセキュリティやシステム構築など事業形態をIT分野などに特化して参入する企業もあった。憲法における公共事業の概念の機微を見極めたうえでの参入が必要だったわけだが、ドゥテルテ大統領は外資規制緩和のために憲法を含めた法律改正を進めていくと断言している。その方針を受けての現在のネガティブリストの改正が審議されている。

 

 ドゥテルテ大統領は就任前の選挙期間中は、国内産業保護を進めていくのではという警戒感があったものだが、外資規制緩和の流れが完成しつつある。フィリピンは他のASEAN諸国同様にインフラの改善、法人税率低減、外資規制緩和による外国企業の誘致を積極的に進めている。グローバル化の波に乗り遅れまいと、国家間の企業誘致にも遅ればせながら取り組み始めている。

 

 日本の首相とフィリピンの大統領は先週のAPEC、そして今行われているASEANを含めるとこの1年で6回もお会いするという異例の蜜月関係を作ってきたが、良好な関係がフィリピンの公共事業への参入という目に見える形で互いの協力関係と絆を確立して欲しいと願いたい。

 

 




私の会社について
2017/11/13

 お客様だけでなく一般の方々に私自身や私の会社について興味をもっていただけるような物好きな方もいるもんだとつくづく思う。私なんかに興味を持たれるのはおそらく私自身というよりフィリピンのことを知りたかったり、フィリピンで何かビジネスできないかということだろう。

 あまり参考にならないと思うが、自分のことを踏まえてフィリピンについて少しばかり話そうと思う。

私がなぜフィリピンを選んだのか。 米国会計士がなぜアメリカに定住しなかったのかという問いかけをよく受ける。最終的に私がアメリカを選ばなかった理由、フィリピンを選んだ理由。

 理由は簡単だ。実際にアメリカに行ってみて感じたことがある。それは非白人に対する差別意識だった。アメリカは人種のるつぼといわれるが、アメリカには見えない階層があって有色人種は常にマイノリティという位置付けにされて、白人のクライアントには基本的に相手にされない。建国以来変わることのない白人優位主義が実力や努力を押しのけてまかり通るのがアメリカだと感じたのだ。

 現職トランプ大統領は移民排斥を公約に掲げているが、もし私がアメリカにとどまっていたとしても白人との軋轢は大きくなっていただろうと思う。アメリカ経済は低迷し、白人でさえ仕事を求めて多くの企業に応募するようなご時世にあって、日本人が仕事を続けていくのは難しかっただろうと思う。

 英語を話せて親日的な国といえばどこかという問題にフィリピンという国が当てはまった。消去法によって選ばれた国、それがたまたまフィリピンだったというに過ぎない。

 そしてもう一つ多くの方から聞かれることにお答えしたい。

「USCPAの資格は役に立つか?」

答えはNOだ。 しかしCPAの知識はフィリピンではかなり役に立っている。なぜなら、フィリピン会計基準は国際会計基準に準拠しているからだ。IFRSや FASBの知識は日本の会計を勉強していても、分からなかった領域だったと気づかされる。つまり資格は活かせないが、知識が活きる国、それが私にとってのフィリピンなのだ。

 日本から見たフィリピンは、発展途上国で治安が悪く、ネガティブなイメージがつきまとうが、自分から危ない場所に行かない限り、それほどの危険は感じない。フィリピン人はお金は欲しがるが人を傷つけることは好まない。カトリックとして人としての一線を越えないように教育されているのだろう。

 日本と比べて教育や道徳水準は低いが、社会生活を送る上での人としてのハードルも低い。

 これが良くも悪くもフィリピンなのだと言い聞かせながら生活している。

 




フィリピンの公共事業に市場原理を導入
2017/11/13

 フィリピンの公共事業のあり方が変わってきた。これもグローバル化の流れの一つといえようか。

フィリピンのいくつかの地方空港における公共事業の調達関係(公共事業)が2018年中ごろからスタートするのだか、今までは一括りにして単独発注していたのだか、今後はそれぞれの空港やミッションごとに細分化して発注することにすると財務省事務次官 Calross G, Dominguez  Ⅲが発表した。理由は今までの方法では納期の遅れが常態化していたことによるもので、それに伴う工事費の追加計上が必要になっていたことを問題としているようだ。

 財務省の予算による発注ですでに大統領によりプロジェクトが承認されているにも関わらず、今なお、民間企業からのオファーを受け付けているという異例の措置を行っている。

 財務省によると “If you can do it cheaper and faster than us then we will consider your offer.  They can give us unsolicited proposal and we will entertain it. But they ave to meet our speed and our cost . “

「もし民間業者が我々の事業計画よりも安く速く遂行できるならフィリピン政府は事業者からの提案を検討する用意がある。そして彼らは未承認の計画を我々に提案することが可能であり、政府はそれを歓迎する。ただし、スピードとコストの合致を条件とする。」

 

 外資規制は在るものの、国内事業者とのJVやプロジェクトベースの協力により日本企業にも十分参入可能な条件であると思う。

 

 

 既存の事業計画であれば、Davao, Cagayan de Olo, New Bohol, Bacolodo, Iloiloの各空港の事業を一くくりにして発注していたが、これを個別受注可能な形態に移行させる。まずはClark Airportから開始することとし事業期間を18ヶ月とするが、今のところ、どこからもオファーがないとの事だそう。発表したばかりなのでオファーがないのは仕方のないことだが、今までは大手財閥系企業による一括受注がまかり通っており、そこには利権が存在していただろうが、事業を細分化して市場原理を導入する事により、これからはいろいろな業種の企業の参入が考えられそうだ。

 

 少し前に首都圏で問題となったのがマニラ鉄道の保守業務について韓国系企業との契約を打ち切ったというニュースが大きく取り上げられていた。理由は、メンテナンスを請け負った企業に技術がなく、鉄道網の昨日が麻痺してしまった状態が常態化していたためだ。さすがに年間600回以上の故障は多すぎるというのは誰もが思うことだろう。事実、ラッシュ時に電車は10分に一回しか来ず、しかも脱線しないように平均時速が35kmという原付並みのスピードがMAXなのだ。その状態でも1日に2回は重大な問題がどこかで発生している。私も目的地までたどり着けなかったことが度々なのだ。

 元々、首都圏の鉄道網は日本のODAにより作られたもので、日本の資本、技術支援、車輌により運行が開始されたという経緯がある。しかし、その後のメンテナンス業務には価格差で現地企業や韓国系企業の後塵を拝して落札できなかったという経緯がある。

 今後、フィリピンの公共事業はますます多くの企業に開かれたものとなりそうである。日本の品質や技術はすでに認知されており、日本企業による受注獲得のための条件となるのはやはりコストであろう。勿論、そこには中国や韓国からの入札が予想される中、品質への妥協と徹底したコストカットで受注につなげていってもらいたいものである。

 

 私のクライアントにも公共事業の受注に成功している企業が既にいくつかある。

公共事業関する情報をお求めの場合は、お問合せフォームからメールをいただけますようお願いします。




2017年 フィリピン経済成長率6%以上
2017/11/13

 今日からフィリピン マニラでASEAN国際会議が開催される。各国共通の問題が話し合われる。当然のことだが各国のおかれた状況や課題もそれぞれ異なるのだが、今回はASEAN各国と比較したフィリピンの経済的状況を見てみることにしよう。

Business Worldの調査によると、第三四半期終了時点の今年度の経済成長率が6%以上になるとの予測を出している。

第一四半期6.4%、第2四半期の成長率が6.5%、第三四半期の成長率が6.6%となっている。

しかし、去年の7.1%よりダウンするようだが依然堅調な経済といえる。ムーディーズの発表でも第三四半期の経済成長率は6.6%と試算されていることから、統計は的を得ているといえそうだ。

フィリピンの特徴はGDPに占めるサービスの割合が約60%と高く、工業が生み出す経済価値は30%にとどまっている。また貿易による純輸出は-8.2%と輸出面の弱さが顕著となっおり、価値創造力が弱いのは変わっていない。

 インターネットの接続状況も延びてきてはいるものの、AEAN諸国の中でも最も低く、他のインフラと同様にまだまだ改善の余地がある分野が多そうだが、逆に言えばこれをビジネスチャンスに変えることが出来るということであろう。フィリピン国内の技術力や人材では改善を期待できない分野多くあり、日系企業の進出や技術協力が求められる分野は多いといえる。

 




Q 法人設立にはどのくらいの時間がかかりますか?
2017/6/18

 

A 法人設立とは一般的にSECへの登録を指すことがあります。これには約1週間~2週間程度かかります。 しかし、SECへの登録完了したからといって、すぐに事業をはじめることはできません。SECへの登録後、バランガイへの登録、営業許可やセカンドライセンスの取得、営業場所の占有許可、BIRへの登録、オフィシャルレシートの取得、会計帳簿の登録など一連の手続きを経て営業可能となります。またこれはは同時進行で取得できるわけではなく、すべて順序が決まっています。手順が決まっているからこそ日本より多くの時間を必要としますが、だからといって手順を省略したり先行営業すると、処罰されることがあります。フィリピンは発展途上国だからといって行政機関への届出をおろそかにするケースが見受けられますが、後から罰則の対象となったりすることがあります。計画的に手続きを行いましょう。








このページのトップへ