フィリピン 会計事務所 法律事務所 ブログ Hashimoto Philippine Business Management Inc.


橋本国際会計事務所
ホームご挨拶業務案内手数料一覧事務所概要お問い合わせブログ
お問い合わせ
ブログ



私の好きな言葉
2017/11/15

 私は今までI Phoneを使ったことがない。新しいものにはすぐには関心を示さない性格なのだ。しかしながら私はアップルの創業者であるスティーブ・ジョブズが好きだ。理由は彼が成功者だからではない。彼は大学を中退し、自身の会社からも捨てられ、まったく何もないところから再び這い上がってきたからだ。彼に限らず人はどん底に落とされて、さらにそこから這い上がってくるまでの過程や自身が現状おかれている状況への向き合い方にこそ真価が問われる。またどん底を味わった人の言葉には名言が多い。彼らの放つ言葉には魂が宿っているのだ、いわゆる言霊だろう。他に好きな経営者といえば南原竜樹さんは一夜にして100億円の負債を抱え、六本木ヒルズの公園で寝泊りしてたら警備員に追い出されるほど落ちぶれた挙句、本物のホームレスになった過去があり、孫正義さんは貧しい朝鮮部落出身の在日3世だ。戸籍がない家に住み、一家で酒の密造をして生計を立てた少年時代を経験している、生きることに必死だったのだ。彼らもまたどん底から這い上がってきた猛者なのだ。たとえまたどん底に落ちたとしても私の彼らへの尊敬の念は変わらない。

 

 私がこの仕事をはじめるためにフィリピンに来たとき、ただ唯一支えにしてきた言葉がある。

それは先述のアップルの創業者 スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の2005年の卒業式で卒業生に送った言葉である。

 “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right”

「貴方が生きている一日一日を、今日が人生で最後の一日なのだと思って生きることができれば、貴方は最も確実に正しい生き方をすることが出来る」

 

 「今の貴方の人生は満足のいくもので、自分にとって正しい生き方をしていますか?」 と問いかけている。 

 

 彼がビジネスをはじめたとき、また従業員数千人の大会社の社長という地位を奪われ自分が一から作り上げた会社を追われたとき、あるいは癌になり余命数ヶ月の宣告を受けたときにも、彼は自分が今最もやりたいこと、すなわち自分が愛した仕事に復帰するという選択をした。それは名誉ではなくお金でも地位でも権力のためでもなく、単なる1人のI Phone大好き少年に戻ることを選択したのだ。そうしてなお自分の仕事に挑み続けた彼が支えにしてきた言葉は、彼が亡くなった後も、そこに込められた思いと共に人々の中で力強い火を灯していて、私も彼の言葉に感銘を受けた1人だ。

 

 これもスティーブのスピーチの一文だが、この言葉は私が亡くなった後も自身の心の支えにして欲しいという願いをこめて、私の息子に送った言葉である。

 ”Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma ―which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everythingelse is secondary. ”

 「貴方の時間は限られているのだ、だからこそ他人の人生を生きて人生を無駄にしてはいけない。他人が考え、そして創りだしたこと、すなわちドグマ(社会通念や偏見)にとらわれてはいけない。他人の意見や考えといったノイズに自分の内なる声がかき消されてはいけない。最も重要なのはあなたの心と直感に従う勇気をもつことなのです。あなたの心と直感は自分が本当は何をしたいのかという答えをすでにもっているはずです。他のことは後回しで良いのです。」

 日本のことわざにも「光陰矢の如し」という言葉があるが、誰にも限られた時間を有効に使おうというのは世界共通の考え方なのだろう。そして限られた時間を自分の心や直感を信じたとおりに生きよう。そして、それが貴方にとって最も確実で正しい生き方なのだ。しかし、これが一番難しいだろう。誰もが思い描いたとおりに生きられるなら苦労はいらない、人にはそれぞれ苦労や背負うべきものがあるのだから。しかし、少しでも自分の心のままに生きられるように努力しようという彼のメッセージを伝えたいと思う。

 未来は分からない、分からないからこそ、分からないなりに生きることを愉しもう。将来、過去を振り返って失敗したと思うことは誰にでもある。正しい選択をしたと思えることは少ないかもしれない。それでも失敗したなりに見えてくることもあるはずだ。そういった過去や経験というそれぞれの点が繋がって未来は出来ていく。未来は過去と今の結果でしかない。小さいなりに今できることはあるはずだ。明日のことは誰にも分からない。今、自分の心と直感にしたがって選択する。それがその人の明日を作るだろう。

 

 ”Stay Foolish, Stay Hungry.”  「馬鹿であれ、ハングリーであれ!」 by  スティーブ・ジョブズ

 




私の会社について
2017/11/13

 お客様だけでなく一般の方々に私自身や私の会社について興味をもっていただけるような物好きな方もいるもんだとつくづく思う。私なんかに興味を持たれるのはおそらく私自身というよりフィリピンのことを知りたかったり、フィリピンで何かビジネスできないかということだろう。

 あまり参考にならないと思うが、自分のことを踏まえてフィリピンについて少しばかり話そうと思う。

私がなぜフィリピンを選んだのか。 米国会計士がなぜアメリカに定住しなかったのかという問いかけをよく受ける。最終的に私がアメリカを選ばなかった理由、フィリピンを選んだ理由。

 理由は簡単だ。実際にアメリカに行ってみて感じたことがある。それは非白人に対する差別意識だった。アメリカは人種のるつぼといわれるが、アメリカには見えない階層があって有色人種は常にマイノリティという位置付けにされて、白人のクライアントには基本的に相手にされない。建国以来変わることのない白人優位主義が実力や努力を押しのけてまかり通るのがアメリカだと感じたのだ。

 現職トランプ大統領は移民排斥を公約に掲げているが、もし私がアメリカにとどまっていたとしても白人との軋轢は大きくなっていただろうと思う。アメリカ経済は低迷し、白人でさえ仕事を求めて多くの企業に応募するようなご時世にあって、日本人が仕事を続けていくのは難しかっただろうと思う。

 英語を話せて親日的な国といえばどこかという問題にフィリピンという国が当てはまった。消去法によって選ばれた国、それがたまたまフィリピンだったというに過ぎない。

 そしてもう一つ多くの方から聞かれることにお答えしたい。

「USCPAの資格は役に立つか?」

答えはNOだ。 しかしCPAの知識はフィリピンではかなり役に立っている。なぜなら、フィリピン会計基準は国際会計基準に準拠しているからだ。IFRSや FASBの知識は日本の会計を勉強していても、分からなかった領域だったと気づかされる。つまり資格は活かせないが、知識が活きる国、それが私にとってのフィリピンなのだ。

 日本から見たフィリピンは、発展途上国で治安が悪く、ネガティブなイメージがつきまとうが、自分から危ない場所に行かない限り、それほどの危険は感じない。フィリピン人はお金は欲しがるが人を傷つけることは好まない。カトリックとして人としての一線を越えないように教育されているのだろう。

 日本と比べて教育や道徳水準は低いが、社会生活を送る上での人としてのハードルも低い。

 これが良くも悪くもフィリピンなのだと言い聞かせながら生活している。

 








このページのトップへ