フィリピン会計法律事務所 ALL JAPAN CONSULTING INC.
ホームご挨拶業務案内手数料一覧事務所概要お問い合わせ専門チャンネル
お問い合わせ

フィリピンの経済特区について

フィリピンでは経済の発展を促す為に、海外企業の受け入れに積極的に取り組んでいます。外資獲得の為の優遇制度があり、その一つが経済特区です。経済特区内の企業には、多くの優遇措置が適用されることから、たくさんの日本企業が進出しています。

フィリピンに進出するなら

フィリピンには、フィリピン経済区庁(PEZA)が管轄しているエコゾーンや、オロンガポ市にあるスービック経済特区など200以上の経済特区が存在しています。手厚い優遇措置が適用されますから、フィリピン進出をするなら経済特区での経営がベストといえるでしょう。優遇措置は、具体的には財政支援ではなく、法人税の減免などを中心とした内容になっています。

優遇措置の内容について

エコゾーンの優遇制度は以下の通りです。

  1. 4年から6年間(最長で8年間)、法人税が免除されます。(ITH:インカム・タックス・ホリデー)
    ※免除される期間は、事業内容よって異なります。
  2. ITHの適用期間が終了したら、総所得の5%相当のみを納付します。
  3. 関税が免除されます。
  4. 付加価値税が免除されます。

業種別の優遇措置

優遇措置の適用内容は、業種によって異なります。業種は大きく分けると、輸出企業や自由貿易企業、IT関連企業、施設提供事業などがあります。輸出企業や自由貿易企業は、上記で記述したもの以外にも、輸出税の免除、労務費の控除などが適用されます。施設提供事業なら国税や地方税の免除など、様々な手厚い優遇措置が適用されるのです。

これだけの優遇措置が適用されるからには、エコゾーンに会社を設立したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。進出する際は業種によって条件が異なりますので、専門的な知識が必要になります。

フィリピンの進出をお考えなら、当社にご相談ください。当社はフィリピンと日本にオフィスを構えており、フィリピンでの会社設立をサポートしております。他にも視察や査証申請サービス、フィリピンの方との国際結婚手続きなどのお手伝いをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。




このページのトップへ